FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/05/16 (Tue) 何と3年ぶり?

すっかりほっぽってありました。このブログ。

それが3年ぶりに再開というのは、人から書けとツツカレて・・・・

プラス、懐かしいグレープフルーツの花が咲いたから。



このブログを始めた初期に、花が咲いて、実をつけ、そんな話をしてから、

結局二度と咲くことがなかった、あのグレープフルーツの木。

それが今年、なんと沢山の花をつけて(この木にしては、ですけど)、

咲いたのでした。本当にあれ以来!

そうしたら、ここで書いたことを思い出して。。。。。。

時間、経ったなあ・・・・とつくづく、感慨深く、
しんみりと、思いました。



いま花は終わり、これから実を(いくつ?)つけてくれるか、
とっても楽しみ!



という話と、もうひとつ。


こちらも久しぶりですが、本、また出版され、
いま書店に並んでいます。

大和書房から5月12日に文庫本。

「色は語る」という本です。

アマゾンにも出てますが、出たばかりなので、
書店では平積みだったり、

棚にこっちを向いてお行儀よく置かれています。



色の雑学本で、
歴史から生理学から絵画から都市伝説から宗教から・・・・

かる~~く読めるように、この文章とまったく同じ感じで書いてます。



それまでセミナーをしたり、BSの番組関連で、
コラムを毎週書いたり。

なんだかんだと慌ただしく過ごしていましたが、

原稿にまじめに取り掛かってからは、
カウンセリングと原稿とに絞ってきました。

色に興味のある人だけじゃなく、
雑学に興味のある人に向けて、という感じですね。



放牧されながらの執筆活動 (ま、私の遅筆が一番の問題でしたが)で、

のびのびして書いた分、時間も延び延び。

でもあらゆる世界に飛んでいけるという本になったと思います。

ご興味のあるかたはぜひに!!!




で、この大和書房の担当編集者さんは、
なかなかの男前でしかも親切、と思って油断したらアカン。

ソフトな空気とは裏腹にマイペース。

色々と私の意見を聞いては下さるも、肉を切らせて骨を切る、
くらいの感じでコトは進み。

でも仕上がった本を見ると、これでよかったんだなあと思えるので、

やはりプロの意見は正しいと言える。 ふむふむ。




ちなみに今回の本は、まったく色のことを知らない人、
というのがまずありきなので、

多少誤解を生むかもしれないという危惧がないわけではない、
そんな書き方になりました。



そうした問題から派生するかもしれない質問は、

このブログや、
始めたばかり(ただ登録しただけ)のフェイスブックなどで、

質問来たら答えろよ、とあの編集者さんに言われておりますので、

そうしようと思っております。はい。


ということで、こちらもマイペースでのんびり、ブログ、こっそり・・・・

書いていくつもりでおりますね。



あ、本当にご質問あればお答えします。

ただ、正直、ここの管理の仕方とか、
コメントへの返信の仕方がよくわからないんですよね。
そうしたことがまったく苦手。

まあ、それもぼちぼちということで。

本の表紙はこんな感じです!!


     色は語る1










スポンサーサイト

色彩心理 | trackback(0) | comment(3) |


2013/11/04 (Mon) 芸術療法とオマケの話

さてさて、
予告していた芸術療法の話と後でオマケのお話しを!!


私も公的機関とカウンセリングルームの方で、
芸術療法を行っています。

芸術療法・・・
名前が良くないですが、非常に簡単に言えば、
何かしらの表現手段で、
治療や予防、気持ちの発散や整理などを目的として行う・・・
そのようなことになるかと思います。


「表現すること」は人にとって、
浄化作用があると言われるのをご存知の方も多いと思います。
実際、歌を歌ってスッキリする、という体験は、
たくさんの方がしていらっしゃるでしょう。
踊って楽しくてスッキリとか、
ぬり絵が楽しくて、集中している内にスッキリしたなど、
多分、「表現する」ことでスッキリ感を体験した日常の話は、
いっぱいあると思います。


こうした「表現すること」を一人でやっていると、
独り言や日記のような感じになるようで、
セラピストなどが一緒にいることで、
カウンセリングと同じことが生じるという、
そんな印象が私はありますね。


ですから、自分で何かをしてスッキリしている状態ならば、
それで十分だと思います。
しかし、それだけでは何となくモヤモヤが取れない、
そんな時に、芸術療法を体験する事は意味があるかもしれません。



芸術療法と呼ばれるセッションは色々です。
絵を描いたり、コラージュや、陶芸、詩歌、物語を創るとか、
踊ったり、音楽という領域で何かしたり(これもやり方は色々)、
箱庭
(フィギアなどを使って、砂の入った箱の中に自由な世界を創る)や、
・・・・まだまだ色々あると思いますが、
ここで揚げたものは、陶芸と踊りを抜かして、
私もセッションで行っているものです。


例えば絵を描くといっても、自由に描くことも、
こちらから何かを描いてということも。
また簡単に色鉛筆を使ったり
フィンガーペインティングのように、
指や手を使って塗って行くこともあります。

ちなみにカウンセリングルームでは色々と制約もあるので、
ちょっとした絵を描くこともありますが、
コラージュや箱庭が多いでしょうか。


こうして表現されたものが媒介となり、
カウンセリングを続けることもあります。
作品を挟んで話をしていると、
それがきっかけで、ご自身が忘れていたような話や、
自分で気づいていなかった話が出てきて、
状況が進んでいくような現実的側面があるのです。


しかし最も重要なのは、心の奥深くに存在しているもの、
自分ではまだ言葉として意識できていないもの、
或は深く隠されてきたものが、具体的な形をとって、
その場に象徴的に表われてくる。
この「象徴的な」世界を、本人とセラピストが一緒に感じる空間。
それが芸術療法ではないかと思います。
そして、これこそ真髄といえるでしょう。


自分が気づいていなくても、
確かに存在している心の奥の色々な何かに、
ちゃんと形を与えてあげる。

まずはそれだけで、
何だかちょっとスッキリすることが多いのです。


そしてさらに表現されたものをセラピストと一緒に、
見たり聴いたり自分で体験してみる、つまり客観視してみると、
これは経験から申し上げることですが、
気持ちの浄化、スッキリ感というだけでなく、
問題が生じている場合は、
その時期あたりがスタート地点となり、
動いて行くんですよね、後から考えると、ですけど。


やはり表現を通して間接的に問題を客観視する、
このことに意味があるのだと思います。



まあ、ほら、
人の相談に乗ったりすると、
こうしたらいいのに、という考えが浮かびませんか?
それは人のことなので、冷静に客観視できるからです。


これが自分のことだと、なかなかそうはいきません。
全体を客観的に見て、考えることができない状態だからです。
客観視も、一人ではなかなか難しい。
表現されたものと、それを表現した人と、
第三者であるセラピストがいることで、
客観視が成立するのでしょう。


ですから、芸術療法は心の浄化作用を持つもの、
さらに問題がある場合は、
解決へのスタート地点となり進んでいけるもの、
そんな説明になるかな、と思っています。



さて実際のセッションは、
創った本人は気づかずに、でも何かを感じている状態で、
セラピストは感じながら、でも言葉にはあまりしません。


せっかく言葉ではないものとして登場してきて、
これから熟していくところなのに、
言葉にしてしまうと、
たくさんの大切なものが削ぎ落されてしまうからです。


しかし何も言葉のやり取りはないかというと、そうではありません。
色々尋ねてみて、一緒に考えてみたりもします。
時に、ご自身もぼんやり感じていそうなものを、
言葉にすることもあります。


そして作品を一緒に眺めて考えていると、
その場ではっとすることもありますが、
後から、私一人で作品をじっと眺めて、
ああっと思うこともあります。


すごく深い場合もあるし、そうではないこともある、
そんな世界です。



何はともあれ、あまり難しく考えずに、
時々歌ったり踊ったり、好き勝手に色をぬったり、
楽しく自由に表現してみることが、
一番簡単なリフレッシュ方法で、お勧めできます。


そしてもう少し、深めていきたいときは、
芸術療法というセッションもあるのだと、
そんな感じで考えていただけるといいかなと思います。




ふふふ・・・
長いから、ここまで読んでいらっしゃる方は少ないかも。
で、オマケの話。もう、今週の話ですが、
11月7日木曜日のNHKBS、21時から、
「グルメスター」という番組で、
ほんの少しだけ登場して色についてのコメントをしています。
撮影はカウンセリングルームです。
全体は出ていないと思いますが、私の右側に見える赤い物体は、
箱庭療法に使う箱のフタなんですよ~~!なんて。
オマケのお話しでした!



紅葉サンプル2013

都会でもそろそろ、紅葉が始まろうとしてます。
緑の中にチラホラ茶色や赤が・・・
今年の紅葉はどうでしょうか?

さて、先日ターナーの美術展に行ってきました。
以前からターナーの光の空や水の表現は、
本当に心に響くものがあると感じていました。
画面の中に大きくとった空の表現が特に好きです!

それは自然界の一瞬を、人の感性で切り取っていながら、
しかし尚、人の力が及ばない自然の力の真実が伝わってくるようで、
画家の目を通して、神聖な世界を一緒に感じられる、
そんなふうに受け止めていました。

そしてやはり天才はすごいなあ~と思っていたのですが、
今回の美術展で、彼は天才でありながら、
且つ、すごい努力の上にあの世界を創りあげていると知り、
一段と好きになりましたね。

自然への畏敬の念が感じられるのは、
自然の崇高さを表現するという姿勢が、
ターナーの中に貫かれていることも知りました。

だから個人的な狭い自然観でもなければ、
単なる自然の模倣でも写実でもないのですね。

美術展は、代表的作品はあまり来ていなかったように感じましたが、
ターナーの軌跡を知ることができるという意味で、良かったです。


ああ・・・・・
久々に自然の中に行きたいな~~
昔みたいに、旅行に行きたいな~~・・・と思う私でした。

・・・あれ、どうしたんでしょう?
今回はやけに全て長いですね・・・







色彩心理 | trackback(0) | comment(1) |


2013/09/04 (Wed) お詫びとセミナーのご案内と・・

まずはお詫びをいたします!!

山脇のHPから、
5月30日
6月7日
6月10日
にご連絡くださった皆様、本当に申し訳ありません。
手違いにより、メールを確認できておりませんでした。


再度、こちらにご連絡くださった方のおかげで、
その状況であった事が判明、何が起きていたかを確認いたしました。
大変申し訳ありませんでした。

いま、順次返信をいたしております。
失礼いたしました。少々お待ちください。


また、この日にち以外でご連絡くださった方々には、
お返事をお送りしているつもりですが、
もし、まだ返事がない!という方は、
大変お手数で申し訳ありませんが、再度、ご連絡ください!!
どうぞよろしくお願いいたします。



そして、すっかりこのブログもご無沙汰しており・・・
公私ともにミッチリでして・・・

こちらも「楽しみにしている」とおっしゃってくださる、
少数派の大変貴重な方々がいらっしゃることは存じておりまして・・
すみませんでした。本当に申し訳ありません。
改心する努力をしたいと思います。


取り急ぎブログでお詫びを、と思ったのですが、
どうせなら一緒にご報告です。連続セミナーもあります。


今回は座学より、体験をなるべく入れたいと思い、
5回のうち、2回は丸々ワークショップを行います。
といっても、もうすぐです。

9月14日が初回ですが、連続ですので、
ご興味のある方は以下をご覧ください。
http://www.adachi-shogakucenter.net/system/public/8285d414-4.html



さて、最近、私はコラージュが好きなんだなと、
ふと、思うことがありました。

HPリニューアルをしようと考えていたら、
そのビジュアルのイメージが、
普段やっているコラージュ療法に非常に通じることに気づいたのです。


コラージュは、患者さんと一緒にやることも稀にありますし、
たまにですが、自分のために創ることもあります。


そぉか、私、好きなのねと、初めて客観的に自己分析をしてみましたが・・

ま、そんな自己分析をここでバンバンご披露しちゃうのはナンですので、
いたしませんが、この次のテーマは芸術療法ではなにが起きているのか、
なんてことが書けたらいいなぁぁぁ・・・と思っています。


「ぁぁぁ・・」が伸びているのは、
ちょっと不安ですね。いや、近々、書くつもりですが、
まずは、お返事申し上げていない方々優先ということです。


ということで、今回はお詫びとご報告でした!
本当にすみませんでした。


つゆ草

日本でも古くから愛され、誰もが良く知る露草です。
摺り染めといって、花の色をそのまま布に摺りつけて使っていたそうですよ。
簡単に色が移るし、しかも褪せやすいので、
万葉集では心変わりの色として、よく詠まれていました。
よ~く見ると、可憐で儚げな花ですよね。




色彩心理 | trackback(0) | comment(0) |


2013/06/22 (Sat) 政党のポスターの色が・・

先日、バスに乗って外を眺めていたとき、
某政党のポスターに目を奪われました。

それは、その政党とはかけ離れたイメージの色使いで、
あまりのかけ離れ度合いに、
おおっ!新しい広告代理店に変えたか?なんて邪推。


同時に、
配色によって色のイメージは、相当変わるものだと、
つくづく感心させられました。


で、それはどういうポスターか・・・


縦長のポスターで上下へ三層に分割されております。
一番上の層は、赤というより濃いピンク・・
そうですね、カーネーションピンクと言えるかな、
ローズでもまあ・・・。
この地色に、地域候補者らしき人物の写真が。


真ん中の層は白地に文字のみ。
上のピンク色が文字色に使われています。


下の層は、香色の濃い色なんですけど・・・
香色では一般性が無いから、例えばベージュ・・?
う~ん、黄土色とか段ボールの色とか・・・まあ、そんな色です。
そして政党代表の写真がある、というもの。


少し横には、もう一枚、
党代表者一人が写っているポスターも貼ってありました。
人物は座っていて控え目、そして背景があの黄土色。



ちょっと気になって、後でこの党のポスターについて調べたら、
元々は、控え目に代表が座っているあのポスターと、
バーンと代表者アップのポスター(背景色は同じ色)と、
それにあのピンク色を地に、白抜きの文字のみ写真無しという、
3種類のポスターを最近作ったようでした。


で、何かどうなんだと。


はい、 まずあの黄土色。
あのまま背景色として使われるだけなら、
誰も、意識もしないまま終わる色だと思います。
それに単色で好まれる率の低い色です。


そして華やかなピンク。
よく若い女の子向けに使われるピンクですが、
これを背景に人物が写っているポスターだとしたら、
多分「うわああ、無理しすぎ・・」か、
清い政治からはほど遠く、結構下品にも見えるかも。



ところが、ですよ。
3色配色にすると3色が「ひとつのイメージ」として脳に入って来ます。
途端に、
あの表現しにくい黄土色が、
あるいは 微妙でベタなピンクが、忽然と別の装いをしだすことに!!



ん~?
んんん????
この世界は・・・????
・・・・ああっ!!! スイーツだっ!!!!
スイーツですね???


こ・・これは今話題のハワイのパンケーキでは?
ストロベリーソースに生クリームですか?!


いや、それともマカロン!?
このピンクはマカロンの代表色!
フランボワーズですよね?!
あら、よく見ると、どの色もマカロンじゃございませんか!


そうですとも!! 
スイーツ以外の何がありましょうか!!!


パンケーキ♪ マカロン♪♪ 
ストロベリーチーズケーキフラペチーノでもいいけど~♪♪♪
(あるお店の実際のメニューですね、これは)


はぁ~!!
どれも、話題のスイーツばかり!!!
もう、めちゃめちゃ美味しそうな色ですよ~~!!!



しかし・・・これ、政党のポスターでしたっけ?
あの政党とスイーツカラー・・・・
いや、全くかみ合わない。全くお呼びじゃないですね。
そのあまりの差が人目を引く、そこが狙いでしょうか??


わかりません。
わかりませんが、いいの? スイーツで?
ただ目立てばOK? 政治理念はそれでいいのか?
なんて、思わず突っ込みを入れたくなる私でした。


ま、取りあえずマカロン、買いに行こうっと。


マカロン

本当にこんな感じの配色です。マカロンカラー!
最近、赤に代わって、このピンクがそこいらじゅうで頻繁に登場しています。
女子系にはもちろん、駅構内の矢印といった記号や告知にも。
とにかく大躍進です。赤が使われ過ぎたせいでょうね。





色彩心理 | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/18 (Thu) セミナー告知

ちゃんと宣伝をしてくださいね・・・と、
釘をさされていたのですが、忘れてました。
久々に書くのに宣伝!です。すみません・・・

え~~・・
2013年5月11日土曜日と6月14日金曜日に、
東京の青山、ウィメンズプラザ内、
ビオクラの主催で、色彩心理の1Dayセミナーを行います!!
(5月と6月は同じ内容)

ビオクラHP告知 ← チェックしてみてください!

ビオクラ→玄米食を中心とした食の在り方、
「マクロビオティック」を生産から販売、さらにキッチンスタジオやカフェ、
食の指導者の育成など、全方向に展開している企業ですね。

今回のセミナーは、色彩心理入門の感じで、全体的なお話しになるでしょうか。
ご興味のある方はぜひぜひ!!


さて私の近況は、また勉強会で京都日帰りしたり、

       東寺のブログ用五重

はい!東寺の五重塔シルエットですね。


東寺のブログ用八重桜

同じ東寺で手前の池と八重桜。綺麗でした~!!
日帰りなので早く東京を出て、勉強会の前に、少しだけ東寺に行きました。
東寺は仏像のお顔がいいんですよね~!!!!



それから公的機関でやってきた箱庭療法を、
カウンセリングルームでもやることにしたり。

ブログ箱庭

これが箱庭療法フィギアの一部です!
これを撮影したときより、さらにさらにフィギアは増えました!!
ははは



いやあ・・・しかし、です。
それがちょっとハマッちゃいまして・・・フィギュアの収集に。

用具のベースはあったのですが、
仕事として使うにはフィギュアが少し足りないので、
正式な用具専門店で追加購入しました、が、それだけでは物足らず、
自分で色々なフィギュアを探し始め・・・

何せ、何があってもいいわけです。
動物、人間はもちろん、おとぎ話や名作の主人公たち、歴史上の人々、
街並み、植物、家具、乗り物、食べ物、
恐竜、ヒーロー、お化け、ゲテモノ、
ビー玉、おはじき、積み木・・・際限ないのです。

特に動物好きの私は、箱庭用に買ったのに、
自分のデスクに飾っちゃったりして。


だから、
趣味と実益を兼ねているということが免罪符となり、まあ、ハマルハマル・・・
いけません!!久々にいけません!!!!
この、生活に支障をきたすがごとくのハマり方。
生活に支障というのは、ネットで探しまわるわけですね、
だから睡眠時間が削られるのです。不健康です!!!

なのに、
まだ買いたいと思っている、というか、
いっそ自分で作りたいとまで思ってる私がおり、
やり過ぎ。いけません。免罪符効きすぎ!!!


しかし、そのお陰で相当に充実して来ました。
いま公的機関で使用している箱庭療法のセットよりも、
充実したのではないかと思うほど!?


とは言え、睡眠時間だけは、確保しないといけません。
反省します。。。



色彩心理 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

山脇惠子

Author:山脇惠子
はじめまして。
クリニックやカウンセリングオフィスで心理カウンセラーとして勤務し、少年院などで芸術療法を行っています。遅筆にも関わらず本を出版させていただき、テーマが「色彩と人の心」のため、興味を持っていただけているようです。
HPを作りましたが
http://irokokoro.com/
しばらくは更新が難しいかもしれず、ブログで発信できるものはしていきたいと考えております。
しかし、遅筆です。PCが苦手で、ぼちぼちです。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。