--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/02/24 (Mon) 色彩の話じゃないけれど(京都 如意輪観音像)

時間が経ってしまいました。

で、さあ、書こう!!と思ったら、
今度はパソコンが反乱おこすんです。。。
Vistaですからねえ・・・
買いかえるのにWindowsかAppleかと悩み、
ここでまた時間が過ぎて・・・


しかしまずは現状を何とかせねばと、
色々適当にいじったら、やっと一部治まりました。


本当にPCと一緒には生きていけない体質だと思います。
そんな私が、PC時代の初期にMacでフォトショップを使い、
ちょっとしたデザインができていたなんて・・・
自分でも信じがたいです。夢だったのか???



さてさて・・・
まあ、長らくご無沙汰を・・・
いっつも遁走を心配され・・でもしぶとく帰還するヤマワキでした。
ははは



そうこうした時間の中で、少し前の話ですが、
仕事がらみで京都へ!


いつも京都に行く時は時間が無く、
しかし大好きな東寺だけは欠かさず、というのが定番でしたが、
今回は少し時間を作り、
東寺と同じくらい好きな三十三間堂に行きました。

久々です!!
ここは、それぞれの観音立像の表情や佇まいが異なり、
ああ、もう最高に楽しい!!


時間をかけて何度も行ったり来たりして、
よ~~く眺めている内に、
私の好きなお顔の共通点を実感したのでした!


眉と目のバランス、形、そして顎の輪郭、これですね。
全体としては、チベット仏教系のお顔立ち、
はたまたヒンドゥー教の神々のお顔立ちにも似た感じ。
面長より、何と言うか、ふっくら、ですね。
海外の仏像でいえば、タイよりチベット、なわけです。


ちなみに、私の仕事部屋の壁は、
お美しいヒンドゥー教の神々のポスター、
合間にマンダラ、仏画、仏像に神道系のお面・・・
沢山訪れたインド、ネパール旅行の賜物です。
(あ、でも別の部屋には石造りの
小さなお稲荷さまもいらっしゃいますわ~!)


話は三十三間堂に戻って、
そう、観音立像の前をゆっくり歩いていると・・・
おおっ!!これはっ! と思う像に今回出会ってしまったわけです。
皆、似ているようで全く違いますからっ!


眺める私の口元が緩んでしまうのを、とにかく抑えつつ、
じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・っと見つめて立つこと1時間半。


う・・・美しいっ!!!!!!!!!!(感涙)



アイドルを目の前にしたファンの気持ちはこれだなと、
ウルウルしながら思った私ですが、
堂内にいらした方からは、異様な人間に見えたかもしれません。
不気味?すみません。
しかし離れ難く・・・・の90分でした。



その後はレプリカまで持っている醍醐寺の如意輪観音像さまにも会いに。
そう!このゆったりとした趣が好きだなあと思っていましたが、
今回はさらに、別のお寺でも素晴らしい如意輪観音像に出会い、
至福の時を過ごしました。


お寺は随心院。
小野小町のお寺として有名にしたいようで、
本堂の如意輪観音菩薩像(ここではそう呼ばれていらっしゃいます)は、
あまり紹介されていません。
あんなにお美しいのに、何て残念な!!!!



私が訪れた時は、ちょうど小雨が止むところで、
雨だれの音と、
庭からのたくさんの野鳥と山からの野鳥の声が響き合い、
それは不思議な音の重なりが空間を満たしていました。


誰もいない本堂で、仏像を前に一人座っていると、
沢山の音の中にありながら、静かな水面の上に置かれているような、
そんな気分でした。



随心院の如意輪観音菩薩像は、
光背が少しご自身の右側に寄っているのですが、
そのバランスがまた絶妙!!!美しい!!!!

御簾でお顔をすぐには眺められないようになっていて、
下から覗き込んでは、はぁぁ~と感心。


いったいどういう仏師が、こうした像を創ったのでしょうか。
無名な仏師に彫られた仏像を見る度に、
いったいどんな人が、どんな気持ちで、と考えてしまいます。

時間を越えて、ここで、こんな風に拝まれるとは、
その仏師は想像もしなかったでしょうね。

そして仏師自身は、もうこの世にはいないのですから・・・


凛とした空気の中で、自然の音に囲まれながら、
久々に静かな時間をいただきました。


いやいや、ホント、必要ですね、こういうのは。




さて、ひとつ京都の写真を・・・

    京都なで牛

    京都は六波羅蜜寺の境内に、このなで牛がおりました。
    参拝者は自分の不調な部分と牛の同じところをなでるといいよ!
    という信仰なんですが、下の写真をご覧あれ!



            なで牛インド

こちら、インドはマドゥライのミーナークシ寺院のなで牛。
  お花を捧げたり色の粉も一緒に塗ったりなでたりです。
  京都の牛さんと兄弟か?
  そう、こうした信仰は、やはり大陸から来たのでしょうね!











スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(1) |


2013/10/20 (Sun) エネルギーチャージ!

芸術療法について書いて、
あとちょっと書き加えたらアップしようと思っていたのですが、
昨日、今日と、色々あり、すっかり頭の中が別の世界!!!

ということで、次回、すぐアップするとして、
今日は、19日、20日の日記がわりを。。。

19日は私が行なっているセミナーの第二回目でした。
セミナー後に受講者の方々と食事。
年齢から職業まで、本当に色々な方がいらしていて、
ちょっとお話できるだけでも、
興味深い内容が飛び交い、とても刺激になりました。

色に興味を持たれる方って、
やっぱりいいなあ~~~!!なんて思ったり!


今日、20日は朝からY先生の講義でビッチリ!!
「死の臨床について」というテーマでした。
そこで、
死に纏わる夢の絵を二つ画用紙に描くという、
そんなワークショップが突然に始まり、
久々に自分がやる側に。
これも新鮮でした!!


そうそう、予期せぬ表現をすることになるって、
こんな感じだったよね、と思いながら、
私の芸術療法に参加してくれる青少年の彼らは、
よく頑張ってくれるなあ~・・と、改めて感じたり。


そして講義は、答えの無い世界を味わいながら、
思うことがたくさん。
う~~ん・・・・深い。


さらにその後、昔教えていたVという専門学校の、
元教え子のウエディング・パーティーに参加!
新郎新婦とも教え子で、16年半一緒にくらしていたのが、
とうとうゴールインです!!!!!


パーティーでの新婦の笑顔と泣き顔に、
もうもう、すごくジ~ンと来ちゃって・・・
ああ、よかったなあ~~! オメデトウ!!!

みんなで、5年ならわかるけど、
16年も(と言ったら、新郎が、16年半ですと!
このフトドキモノッ!!!!!)、よく新婦は待ったよねと。


とても盛大で、雨の中でしたが、
花火まで上がって、楽しく華やかな場でした。


しかも、当時の教え子たちがたくさん来ていて、
あの、遅刻魔だったり、
元気一杯のオコチャマモードだったり、
今度こそ宿題やって授業出る、をいつも裏切ったり・・・
の、学生だった彼らが、
みな、すっかり社会人として、また母として、
凛々しくなっている姿に、さらにジ~ン。

うわっ!私、年寄り!!!


でも、ものすごく正直に言えば、
久々に光の世界にいるなぁなんて、
そんな感じもしていました。


私が青少年に芸術療法をしている公的機関は、
ディープな世界です。
それが当たり前なので、全く日常では感じませんが、
こうして幸せの光に満ちている世界の中にいたり、
かなり、相当に、ヤンチャだった学生が、
ちゃんと愛ある家庭を築き、しっかり仕事をしている姿を見ると、
これを幸せだと言わずして、何を幸せというのか!なんて、
思わず、しんみり感じ入ってしまいます。


彼らにすると当たり前の世界なのですけど、
この当たり前を、手にいれられない子どもの、
何と多いことよ・・・・
それも、自分のせいではないのに、ですから。



私が特殊な方面で芸術療法をしたいと思った、
そのきっかけとなった教え子も来ていて、
初めて「ソイツ」に感謝を伝えました。


素晴らしい原石が、世の中のそこいらじゅうにあって、
しかし、輝けるか砕け散るか、
その分かれ道という時間が存在することを、
彼の存在を通して、考えることになったからです。
いまいる公的機関も、その結果。


たくさんの老若男女に出会い、
私は影響を受けて、今日、ここまで来ているなあ~~
ああ、有り難いなあ~~・・・
と、つくづく思った2日間でした!!!


よし!!
エネルギー、チャージしたっ!!!!!
感謝!!!!!



紫式部

まだ色が薄い紫式部ですが、緑と紫って美しい組み合わせですよね。

それにしても、人との出会いは、色々偶然を生み出しますね。
結果として「生まれた」ということを知るわけで、
常に、私たちは、未来を全く知らずに生きています。
それが時には苦しく、時には喜びになって。
でも、そのほとんどは苦しいなって。。。。。

う~~ん・・・
このネガティブな発想が、実は私に力を与えている。
あはは、効率いいのか、悪いのか!!




日記 | trackback(0) | comment(0) |


2013/03/02 (Sat) 安部清明神社

あっと言う間に時間が消えて行く毎日。
高速で走る乗り物の窓に、景色が形を持たずに流れて行くような、
ちょっとそんな感覚です。
時間に追われてはいけない、と言いつつ、
いかん・・・

しかし先々週は研究会で京都に行きました。
と言っても、夜、京都に着いて、
次の日は研究会で、終了後は、即、駅に走り、そのまま東京に・・・
ああ。。。。。。。。

会場は知らない場所だったので、
かなり早めに行って場所を確認し、
時間が2時間ちょっと余ったので、
近辺で行ったことが無い場所・・・と探すと、
あっ!!!! 安倍清明神社がある!!!
まだ訪れたことが無い神社です!

しかし歩いては行けないよと言われてタクシーに。
この日の京都は朝から綿雪が結構な勢いで降っており、
その中を行きました。

タクシーを降りて、鳥居を入ると・・・
何故か急に空が晴れて来て青空になり、
その青空から時折チラチラ綿雪が。
これは狐の嫁入りじゃなくて?(あれはお天気雨だものね?)
何とまあ、不思議な状況でしょうか!!

神社をお参りして、少し中を歩き、
お札などを求めまして鳥居を出て、一般道路を歩くこと数歩、
何とまた急に空が暗くなり雪がどんどん降ってきました。
とうとうちょっと軽い吹雪に。

ええええっ!!!!!
なんでしょうか、この天気!!
陰陽師さま!ありがとうございます?!?!?!

安倍清明の神社は結構各地にあるようですが、
ここ京都の神社は、清明の屋敷跡に建てられたものとか。
大通りから一度鳥居をくぐり、中の敷地を十数歩程歩いて抜けて、
さらに細い道路に出てから次の鳥居を抜けると、
小ぢんまりとした境内があります。
大通りに面した地所の方は最近拡張をしたとかで、
必要あったのかしらん、とちょっと思ったり・・
やはり全体としては近年に整えたという空気があります。
すぐ右側には大きなマンションがこちらを見下ろす様子ですね。

本殿は明治35年に建てられたという建物で、なかか美しい。
右側の桃の彫像?がかわいいです!!


      京都桃



本殿以外はまだ新しいものが多く、
住宅地の中に、ここだけ囲って世界を作った、という印象を受けました。

海外から来たらしい金髪の男の子がリュックを背負い、
色々ガイドブックを見ながら、
お参りの仕方も見よう見真似でやっている姿が微笑ましかったな。

京の都の、あの時代から朽ち果てて忘れられた清明が、
時代の流れによって少しずつ形を変えて蘇り、
いまここにある、そんな神社でした。

タクシーの人から、歩けない距離と言われたものの、
私の感覚では歩ける!と、地図もないのに勘に頼り、
結局40分ほど歩いて会場に到着。

雪と風で少し大変な時間もありましたが、
知らない街を歩くのも楽しいもの!!
建物が低く抑えられ、遠くに山を望む街中は、
ビルばかりの街と異なり、
日常から気分が離れるのに役立ったなあ~~!!!



       清明神社

写真ではわかりづらいですが、本当に青空!
個人的には、京都に行くと、どうしても拝顔したくなるのが東寺と三十三間堂の仏様たち。
これは外せないでしょう! ですが、今回残念ながら全く時間がなかった!!!
ホントに無念~~!!!!!!
色の話もしましょう。
あの桃のブロンズは、日本だからブロンズでいい感じなのだと思います。
これがインドやネパール、または中国、チベットあたりの寺院にあったとしたら、
きっと本物の桃の色を彩色した形になっていたと思います。

仏教が輸入された初期には、そうした極彩色の感覚も輸入されましたが、
時代が下るにつれ、渋さへの美意識が層を増し、
侘び寂びの形成につながっていったと思います。
だから木造の美しい本殿の横には、このブロンズの色で調和を取ることが
重要だったのでしょうね。










日記 | trackback(0) | comment(0) |


2012/10/21 (Sun) リフォーム疲れ

ここにきて、家の中のあらゆるものが、
壊れて行きます。

それで仕方なく、リフォーム突入となりました。
準備期間、ほとんどなし。

しかし生活している中でリフォームとなると、
仕事から帰って来て、工事現場に到着、みたいな。
いや、いっそ、知らない工事現場に一時的に住んでいると思うなら、
まだ耐えられた気がする・・・。

自分の家のあらゆる場所が工事現場に変身する、
贅沢な悩みと理解はしていますが、
感情的には苦痛を感じる日々です。
人の出入りもさることながら、
色々なぎょっとする問題の発生が毎日連続で。。。。。。

住みながらは無理でしたね。
1週間で終わりそうと思っていたら、色々あり、
結局、私にとってはかなりの長期戦となりました。
ストレスのプールで泳いでましたって感じかな。

やっと9割がた終了したと思ったら、
昨朝、冷蔵庫を開けた途端に、
死ぬっと冷蔵庫が自ら宣言。
助けを呼んでくれと冷蔵庫が言いました。
(最近、ホントにしゃべるからすごいですね、電化製品!
ま、もう少しビジネスライクな言い回しでしたが)

それで修理人を呼んだけど、臨終を確認しただけで・・・・
ああ、あなたにはもう少し頑張ってほしかったわ。

真夏じゃないからよかったですが、
2日間冷蔵庫は来ない・・・
もう、がっくりです。

ただ、ひとつだけ朗報?が!!
新しいお風呂の床がスゴクイイ!
いま、テレビでよく宣伝しているT社のユニットバスです。
バスタブの形が気に入ったのですが、
床がソフトでクッション性がある、これが決め手となりました。
使ってみると、タイルの冷たさ硬さや、他社の素材とは異なった、
このクッション感が気持ちいい!
はぁぁ・・辛い日々を送った甲斐があったというものです。

お風呂は、ストレス解消と実際に血流を良くする実益あるもの。
色々がっくりがたくさんありましたが、
お風呂はリフォームしてホントに良かった。
ああ!めでたしめでたしということで!!!


              樹木の不思議

  近所でよく見かけるような普通の植物に寄生されていますね。
  都会にありながら、野性的な趣。ワイルドでございます。
  昔は自然を美しいと感じはしましたが、それより街中で友達と買い物をして、
  美味しいものを食べて、たくさんおしゃべりをして、ということが楽しくて、
  今のようにこんなに自然に魅かれるようになるとは、
  正直予想していませんでした。 
  そうはいっても、10代の頃は満月を見上げて、絵を描いたり作曲したり、
  果ては日記代わりのつぶやきを録音したり。
  (ま~~恥ずかしいっ!!!)
  夜中の自然は、最も身近で想像力を掻きたててくれる存在でした。
  あれから随分遠くまで来たものだわ・・・




            
 

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2012/08/07 (Tue) すべては「塞翁が馬」!(気分は「である体」)

給湯器がとうとう壊れた。
壊れたり、直ったりしていたのが、「とうとう」である。
忙しいので、なかなか修理にも来てもらえなかった結果だ。

この猛暑で、これはとてもとても困った。
夜間の水道水は結構冷たいのである。
シャワーを浴びようものなら、息が一瞬止まりそう。
山脇(夫)は、少しは温かくなるだろうと浴槽に水をため、
翌日、それを汲む桶を買いに行った。

買いに行ったビルの入り口脇に、
大人や子供が輪になって何かを囲んでいたという。
その横を通り抜け、桶を買って戻って来たら、
あの輪は無くなり、後には動かないちっこい野鳥が残っていた。

買いたての桶に、その野鳥を入れて動物病院へ走る。

鳥は、ヒワの幼鳥らしい。
まだスズメよりずっと小さい。

・・・という報告と写メが来た時、
私はつくづく、「塞翁が馬」という言葉を思い起こした。

あの給湯器が壊れなければ、
炎天下のビル下で幼鳥は死んでいただろう。
我々の給湯器は、幼鳥を救うために壊れてくれたと思うと、
給湯器よ!!
よくやった!天晴れっ!という言葉をかけてやりたい(笑)


ほらね? すべてはそういう事なのだ!
と、そう考えて心は温かくなり救われた気持ちになる。
事実検証や厳密性など必要ないのだ。
「私」が思えばそれでよろしい。

何故なら、人が現象をどのように捉えるか、
その分かれ道で勝負が決まるという話なのだから。

勿論、反対に、
この良いことが起きた結果、悪いことが起きたという、
それもありうるだろう。

だから、それを次の良いことが来るまで、
持ちこたえて、そして思いたい。
ああ、あの苦しみは、このためにあったのだ!!と。


以前も確か、ここで「塞翁が馬」の話を書いたと思うから、
これは「風が吹けば桶屋が儲かる」でも、
「わらしべ長者」でも、何でもいいかな。

何かが起きているとき、
その結果から、次の思わぬ事が生まれてくる。
幾つもの連鎖の結末は、
最期に本当の「結果」を叩き出すのだろう。


は~い・・・子どもの頃から思っていましたよぉ~
出来ることなら、最期に後悔はしたくないって。
う~む・・・・


あれ?
前向きな話を書いていたのに、
なんかこう、ネガティブな方向へ行こうとしてる?
いかんじゃないですかっ!

よしよし、今回はハッピーエンドの「わらしべ長者」で行こう!
知ってます? 「わらしべ長者」!
知らない方はぜひ調べてみてくださいね


ヒワやり直し

え~~ん。。。という顔の「あの子」です。
動物病院で獣医さんに状態を調べてもらっているところ。
「鶸色」のヒワは、確かマヒワだと思う。
この子はマヒワかカワラヒワか、私にはちょっとよくわかりませんが・・・
会ってないんです。私は写真だけ。
野鳥は飼ってはいけないので、獣医さんに預けていました。
今日、元気になったので、放たれたということでした。
よかったね~!!!




日記 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

山脇惠子

Author:山脇惠子
はじめまして。
クリニックやカウンセリングオフィスで心理カウンセラーとして勤務し、少年院などで芸術療法を行っています。遅筆にも関わらず本を出版させていただき、テーマが「色彩と人の心」のため、興味を持っていただけているようです。
HPを作りましたが
http://irokokoro.com/
しばらくは更新が難しいかもしれず、ブログで発信できるものはしていきたいと考えております。
しかし、遅筆です。PCが苦手で、ぼちぼちです。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。