FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/05/16 (Tue) 何と3年ぶり?

すっかりほっぽってありました。このブログ。

それが3年ぶりに再開というのは、人から書けとツツカレて・・・・

プラス、懐かしいグレープフルーツの花が咲いたから。



このブログを始めた初期に、花が咲いて、実をつけ、そんな話をしてから、

結局二度と咲くことがなかった、あのグレープフルーツの木。

それが今年、なんと沢山の花をつけて(この木にしては、ですけど)、

咲いたのでした。本当にあれ以来!

そうしたら、ここで書いたことを思い出して。。。。。。

時間、経ったなあ・・・・とつくづく、感慨深く、
しんみりと、思いました。



いま花は終わり、これから実を(いくつ?)つけてくれるか、
とっても楽しみ!



という話と、もうひとつ。


こちらも久しぶりですが、本、また出版され、
いま書店に並んでいます。

大和書房から5月12日に文庫本。

「色は語る」という本です。

アマゾンにも出てますが、出たばかりなので、
書店では平積みだったり、

棚にこっちを向いてお行儀よく置かれています。



色の雑学本で、
歴史から生理学から絵画から都市伝説から宗教から・・・・

かる~~く読めるように、この文章とまったく同じ感じで書いてます。



それまでセミナーをしたり、BSの番組関連で、
コラムを毎週書いたり。

なんだかんだと慌ただしく過ごしていましたが、

原稿にまじめに取り掛かってからは、
カウンセリングと原稿とに絞ってきました。

色に興味のある人だけじゃなく、
雑学に興味のある人に向けて、という感じですね。



放牧されながらの執筆活動 (ま、私の遅筆が一番の問題でしたが)で、

のびのびして書いた分、時間も延び延び。

でもあらゆる世界に飛んでいけるという本になったと思います。

ご興味のあるかたはぜひに!!!




で、この大和書房の担当編集者さんは、
なかなかの男前でしかも親切、と思って油断したらアカン。

ソフトな空気とは裏腹にマイペース。

色々と私の意見を聞いては下さるも、肉を切らせて骨を切る、
くらいの感じでコトは進み。

でも仕上がった本を見ると、これでよかったんだなあと思えるので、

やはりプロの意見は正しいと言える。 ふむふむ。




ちなみに今回の本は、まったく色のことを知らない人、
というのがまずありきなので、

多少誤解を生むかもしれないという危惧がないわけではない、
そんな書き方になりました。



そうした問題から派生するかもしれない質問は、

このブログや、
始めたばかり(ただ登録しただけ)のフェイスブックなどで、

質問来たら答えろよ、とあの編集者さんに言われておりますので、

そうしようと思っております。はい。


ということで、こちらもマイペースでのんびり、ブログ、こっそり・・・・

書いていくつもりでおりますね。



あ、本当にご質問あればお答えします。

ただ、正直、ここの管理の仕方とか、
コメントへの返信の仕方がよくわからないんですよね。
そうしたことがまったく苦手。

まあ、それもぼちぼちということで。

本の表紙はこんな感じです!!


     色は語る1










スポンサーサイト

色彩心理 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP |

プロフィール

山脇惠子

Author:山脇惠子
はじめまして。
クリニックやカウンセリングオフィスで心理カウンセラーとして勤務し、少年院などで芸術療法を行っています。遅筆にも関わらず本を出版させていただき、テーマが「色彩と人の心」のため、興味を持っていただけているようです。
HPを作りましたが
http://irokokoro.com/
しばらくは更新が難しいかもしれず、ブログで発信できるものはしていきたいと考えております。
しかし、遅筆です。PCが苦手で、ぼちぼちです。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。