FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/19 (Thu) 色名で遊ぶ

ファッション業界では、この春夏、
オレンジと緑に各ブランドはかなり力を入れています。

ある日私が訪れた、各百貨店に出店している有名なそのブランドも、
他と同様にオレンジや緑の商品を並べていました。

ふと、綺麗な黄緑色の服を手にとって見ていた私に、
販売の方が近寄って来て、
「綺麗な色ですよね、これ『ピーコックグリーン』っていうんです」
とおっしゃる。

私 「・・・これピーコックグリーンなんですか?」
販売員 「そうですよ!」
私 「そうデザイナーの方がおっしゃって?」
販売員 「はい、そう会社から聞いてます、綺麗ですよね~」
私 「えぇ・・・ホント、綺麗な色ですね・・・」
内心絶句しながら答えて、そそくさと店を出てきました。

だって・・・・黄緑色だったもん!!

色が重要な要素のファッション業界なので、
トマトの赤をピンクと言わないように、
色名を使う時は世界的に「ある程度」の了解が得られる、
共通した方向を持っているはずなんです。

ピーコックグリーンは「鮮やかな青緑」という共通認識で展開されています。
だから黄緑は明らかに別系統の色。

あの黄緑を、アップルグリーン、若草色、鶸色と言っても、
はたまた創作的な名前・・・
「スプリングポップグリーン」とか、
「五色沼のひといろ(ご当地色)」とか、ま、何でもいいですが、
これまでメジャーに流通していなかった色名を作るのはOKです。

でも、あれをピーコックグリーンじゃ、イカンイカン。
デザイナーやMDの人が本当に言ったかどうかはわかりませんが、
それは違います、だめですよぉ~~!


どうせなら、へえっと思う色名にしてほしいですよね。
あ、考えてみましょうか?

例えば・・・・
黄緑は春の最初の緑ともいえるから「スプリンググリーン」!
って考えた方、ちゃんともうそうした黄緑の色名はあるんです。
「ニューグリーンリーブス」もあります!!

じゃ、「ポップグリーン」?
調べたら、そうした名前のホテルがあった!!!
おおおお! 面白いぞ、これ!!

じゃあ、・・・うふふ・・イグアナグリーン
(グリーンイグアナのちっこいの、大好きです!
 大きくなると恐竜になっちゃうから飼えないけど)。
ダメか、ただの変換ですね。

じゃあ・・・!!!
と、どんどん時間が過ぎて行き・・・ホントにまあ、十分に楽しみました。

こうやって自分で考えてみると、
世界の色名がどんなにすごいか、よくわかります。

例えば緑じゃないですが、ショッキングピンク。
イメージができますよね?
それまでもピンクの色名は様々にありましたが、
シャネルと同時代にオートクチュール界に君臨し、
たくさんのデザイナーや芸術家に影響を与えたと言われるデザイナー、
エリザベス・スキャパレリが使ったピンクの色名です。

あるいは東雲色(しののめいろ)。
これは曙色と同じような色につけられた色名ですが、
夜明けの東の空が染まっていく、その雲の色・・・・
う・・美しい!!!!!!!
感涙・・・

文字も私たちにとっては、イメージをかきたてる要素です。
自然をよく観察して生まれた名前や詩的で美しい名前など、
その色名の歴史も含めて面白いんですよね~~!!!

色名は、みんなが知っている、またはイメージできる、
その色に該当する何かを探して、そのものを色名にする
(「ローズ(バラ色)」とか「キャメル(らくだ色)」とか)。

じゃなければ、表現で色の世界を伝えられる言葉を考える。
(「瓶覗(かめのぞき)」とか。
藍染めの瓶を「ほんのちょっとのぞいた程度」の色という薄い青、
つまり水色系)


目に映る色を次々命名していったら、一日終わっちゃいますね、これは。
や~~面白いっ!!
って、そんな暇なことをやるのは私くらいですか?


yaezakura2012.jpg

桜の季節もいよいよ枝垂れ桜や八重桜となりました。
今年も美味しそうな八重桜は、これから葉っぱが出て、益々美味しそうに?なりますね。
ところで、平安時代の和歌集に、
「梅が香を 桜の花ににほわせて 柳が枝に咲かせてしがな」
という歌があります。
(梅の良い香りを、美しい桜の花から香るようにし、しなやかな柳の枝に咲かせたいものだ)
昔の日本は中国にならって、白梅と柳が愛される植物であり、
桜が愛でられるようになったのは平安時代からと言われています。
桜というと、私は梶井基次郎の
『桜の木の下には』(の『桜の木の下には屍体が埋まっているに違いないのだ』
という)作品や、
坂口安吾の『桜の森の満開の下』に立ちこめている愛と狂気を思います。
この二作品は大好きなんですが、あの桜の「尋常ではない美しい世界」と、
「とてつもなく怖い世界」の共通した逸脱感が、呼応しあうのでしょうか。







スポンサーサイト

色彩心理 | trackback(0) | comment(3) |


<<セルフセラピーのためのHP | TOP | お花まつり>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/04/21 22:41 | [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/10 05:25 | [ 編集 ]


Re: 横断歩道 

京子さま

本当にお久しぶりでした!!!
何という偶然でしょうか!!!!

お会いできて良かったです。
ずっと気になっていましたので・・・・

お元気そうなご様子で、何よりでした!!
安心いたしました。
心と体の健康が第一です!
どうかご自身を大切になさってください。



はい!私も、もちろん色が大好きですよ!
洋服は色々な色を着るのですが、忙しいと無彩色になりますね・・
単なるズボラ?
ははは


では、またご連絡くださいね!
ありがとうございました。

やまわきけいこ

2012/09/10 21:54 | 山脇惠子 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://irokokoro100.blog129.fc2.com/tb.php/26-0aacae35

| TOP |

プロフィール

山脇惠子

Author:山脇惠子
はじめまして。
クリニックやカウンセリングオフィスで心理カウンセラーとして勤務し、少年院などで芸術療法を行っています。遅筆にも関わらず本を出版させていただき、テーマが「色彩と人の心」のため、興味を持っていただけているようです。
HPを作りましたが
http://irokokoro.com/
しばらくは更新が難しいかもしれず、ブログで発信できるものはしていきたいと考えております。
しかし、遅筆です。PCが苦手で、ぼちぼちです。どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。